読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーリーリタイアを目指すブログ。

50歳になるのを機にまずは早期退職を目指します。

インドの元同僚からのメール

日常

昨日、前の会社で私のチームの仕事をサポートしてくれていたインドの同僚からメールをもらった。

メールは、「○○さん(=私)、お元気ですか?東京マラソンはどうだったの?」的な、何の変哲もない内容だった。

私の方も、「今年は抽選に外れたから、東京マラソンは走れなかった。今度の日曜日に、以前話した118kmのマラソンを走るよ」と気楽に返事を返した。

 

実は、先週の熊本地震で、私は彼のことを思い出していた。

5年前の3.11の時、彼は出張で東京に来ていたのだ。

3月11日は、彼の出張の最終日で、あとは部長と面談して全ての日程を終えることになっていた。

 

異国であれだけの地震に遭遇したのだから、彼はどんなにか恐ろしい思いをしたことだろう?

地震の直後、彼が滞在していたホテルと同じ方向に住む同僚が、彼と途中まで一緒に歩いて帰ったが、それ以降あの状況で彼は一人だったのだ。

地震の翌日、彼が乗る予定だった飛行機は飛ばなかったが、飛行機を何本か乗り継いで帰国することが出来たと後日聞いて、本当にホッとしたのを覚えている。

 

彼が昨日メールをくれたのは、私と同じように、彼も新潟の地震で私のことを思い出したからなのかもしれない。

 

以降、何回かメールのやり取りをしている。

仕事の話は全くなく、「ジムに飽きたから、テニスのレッスンを始めた」とか、他愛もない会話が続いている。

 

東京で同じ課にいた人には、退職後私からコンタクトはしていないし、連絡も来ない。

自分の仕事で残された同僚に迷惑をかけていないか?、私がいなくなった後、誰が私のポジションに就いたのか?等々、気になることはたくさんある。

しかし、たくさんの仕事をやり残した状態で退職したため、私から連絡を入れるのは気が引けるのだ。

また、残された同僚の間で、悪者扱いされている可能性だってある。

 

今回、インドの彼が、本当に自然に連絡をくれたのは、うれしかった。

日曜日の118kmのレースを完走出来たら、彼にメールを入れようと思う。

 

ご訪問ありがとうございました。最後にポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ