読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーリーリタイアを目指すブログ。

50歳になるのを機にまずは早期退職を目指します。

硝子体出血と飛蚊症

 

昨日、だんなが右目の異常を訴え、救急外来のお世話になった。

ichigo1213.hatenablog.com

 

今朝、だんなは、網膜剥離専門の先生の診察を受けに、再度病院へ。

f:id:ichigo1213:20160620125837j:plain

 

追加の検査をしたところ、昨日は見つからなかった、非常に小さい出血箇所が発見されたそうだ。

硝子体出血らしいとのこと。

 

health.goo.ne.jp

 

↑のページの「症状の現れ方」に、「出血が少量の時は、硝子体中の出血が網膜に影を落として、飛蚊症を自覚します。突然、「墨を流したような影」を自覚したとの訴えがよく聞かれます」と書いてあるが、昨日だんなが言っていた「黒い雨が流れている」という状態に極めて近いと思う。

 

だんなの場合は、出血が少量だったこともあり、レーザー治療は不要で、症状も徐々に軽くなって行く見込み。

しかし、飛蚊症の症状は残ってしまうらしい。

 

かく言う私も、かれこれ10年以上前に、加齢による飛蚊症を発症している。

気付いたばかりの頃は、視界に流れる黒く細い棒状のものが気になったものだが、今では全く気にならない。

だんなの飛蚊症も、生活に支障がなくなるレベルまで、軽減してくれればいいのだが。

 

加齢による飛蚊症には、特に有効な治療法はないらしい。

活性酸素が原因と言われているので、バナナ、納豆、プルーン、アーモンド等抗酸化作用の高い食品を食べる、また、飛蚊症に有効なサプリメントを摂る、等、自衛策を取るのが重要だ。

 

ネットで検索したところ、飛蚊症にはルティンがいいと知ったので、早速、↓のサプリを購入した。

効果があるといいなぁ。

 

  

ご訪問ありがとうございました。最後にポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ