読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーリーリタイアを目指すブログ。

50歳になるのを機にまずは早期退職を目指します。

ダイソーの500円ワインを飲んでみた。

連日、オリンピックやポケモンGOにうつつを抜かして、すっかりブログの更新を怠っている。

そのせいか、今月に入ってから、ブログのアクセスは見事な右肩下がり。。

そろそろ更新をしなければ、このままフェイドアウトしてしまうような気がするので、今日はちょっぴり気合を入れて書いてみようと思う。

 

気合を入れた割には、今日のテーマは「ダイソーの500円ワイン」のレビューという、やや脱力系(笑)。

先日、近所のダイソーに行った際、店頭で見掛けて気になって、赤と白を1本ずつ買って帰って来た。

ちなみに、税込みだと540円になる。

 

まず赤。

RIO BUENOという造り手もしくはブランドのチリワイン。

ヴィンテージが2015年のカベルネ・ソーヴィニヨン

f:id:ichigo1213:20160812123854j:image

果実味が豊かで、個人的に好み。

ずっしりと重過ぎないミディアムボディなので、夏場に少し冷やして飲んでも良いと思う。

どんな食事にも合わせられそう。

我が家では、ボロネーゼソースのパスタに合わせて頂いたが、なかなか良かった。

食事だけでなく、ワイン1本でも楽しめそう。

 

次に白。

赤と同じく、RIO BUENO。

ヴィンテージが2015年のシャルドネ
f:id:ichigo1213:20160812123908j:image

う~~~ん、まずくはないけれども、あまり印象に残らなかったかも。。

この手のワインは、がぶ飲みしたい気分の時に良さそう。

何と言っても、安いし。

 

我が家で日頃飲んでいるワインの中心価格帯は、1500円~3000円ぐらい。

ワインの中ではリーズナブルなものを選んでいるつもりだが、それでも、ビールや焼酎に比べたら、比較的高いと思う。

 

節約するには、ワインのような嗜好品の支出を抑えるのが一番なのかもしれない。

しかし、嗜好品は生活に潤いを与えてくれるものなので、いくら節約のためとは言え、支出をゼロにしてしまうのはあまりにも切ないし、出来ないと思う。

その点、ダイソーの500円ワインであれば、節約にも役立つと思うので、今後も活用したいと思った。

 

だんなが定年を迎えたら、我が家では、ダイソーのワインが活躍するような予感。。

 

ご訪問ありがとうございました。最後にポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ