読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーリーリタイアを目指すブログ。

50歳になるのを機にまずは早期退職を目指します。

SMAP強制終了

涼しいうちに走りに行こうと思い、今朝は5時半起床。

まだ眠いなぁと思いつつ、身支度を始めると、だんなが「昨日の夜、〇〇ちゃん(=私)にとっては、残念なニュースがあったよ」と。

「え?何?」と訊くと、今年いっぱいでSMAPが解散するのだと。

それを聞いて、一瞬ポカンとしてしまった。

まだ寝ぼけてるのか、私。

 

私がSMAPのファンになって、今年でちょうど20年になる。

20年前、たまたまテレビのバラエティ番組で香取慎吾さんを見て、一目惚れしてしまったのだ。

自分よりちょうど一回り年下の男性に心ときめくなんて、何だかおかしいと思いつつ、香取さんのみならず、彼が所属するSMAPにも、急速にどんどんのめり込んで行くことになった。

ファンクラブにも入会した。


f:id:ichigo1213:20160814110740j:image

結婚してからは、SMAPのライブには、だんなと一緒に出掛けた。

当初だんなは周りが女子だらけのライブに腰が引け気味だったが、一度行ってみたら、とても楽しかったようだ。

初めてふたりで出掛けたライブは、2003年、味の素スタジオで開催された"MIJ Tour”

 だったが、前から7、8列目のとても良い席だったのを覚えている。

だんなは、ライブの後、「ステージ上の剛と目が合った」とうれしそうに話していた。

 

結婚披露パーティで流したのは「らいおんハート」、乳がんの手術の際麻酔から覚めた際にかけてもらったのは「世界に一つだけの花」と、SMAPの曲には思い出深いものがとても多い。

ここ10年ぐらいは、香取慎吾さんのファンと言うよりは、SMAPというグループの存在が好きだった。

 

今年初め、SMAPの解散騒動が起きた時は、信じられない気持ちでいっぱいだった。

その後、「世界に一つだけの花」の購買等、ファンによるSMAP存続を願う活動に支えられ、一旦は解散は回避されたかに思われたのだが・・・

 

前回の騒動とは異なり、今回のジャニーズ事務所からの発表は、SMAP存続を求めるファンの気持ちを考慮に入れない、まさしく「強制終了」のように思える。

また、今回の事務所からの公式発表で、「メンバー同士の確執が修復不能」という噂は事実だったと確認される結果になった。

私たちファンだって、実はいがみ合っているのに、表面的にとりつくろって活動を続けるSMAPの姿を見ても、うれしくはない。

SMAPのメンバーだって、仕事とはいえ、関係が悪化した人間とグループとして活動していくのはストレスだろう。 

なので、「強制終了」は悲しいけれども、やむなしと考える。

解散後のメンバーそれぞれの今後の活躍を祈りたい。

 

今朝は早起き出来たのにもかかわらず、SMAP解散の発表で脱力してしまい、結局走りに行かなかった。

しばらくSMAPロスに苦しむことになるかもしれない。

 

ご訪問ありがとうございました。最後にポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ