読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーリーリタイアを目指すブログ。

50歳になるのを機にまずは早期退職を目指します。

自由に対する罪悪感

昨日、今日とリタイア生活ならではの自由を経験した。

 

昨日の朝、東京は台風の影響で交通機関の乱れが予想された。

そのため、だんなはいつもより30分ほど早く家を出た。

私も働いていれば、同じようにしただろう。

雨の中出掛けて行くだんなを見送った後、何故か異常な眠気に襲われた。

まだ朝食のコーヒーをほとんど飲んでいなかったと言うのに。。

そのまま寝室に行って、バタッとベッドに倒れ込み、そのまま2時間も寝てしまった。

 

雨の中外出する必要もなく、昼寝ならぬ朝寝を満喫出来るなんて、リタイア生活万歳!と言いたいところなのだが、実際には、午前中2時間も寝てしまったことに、ものすごい嫌悪感を感じた。

もう仕事をしていないのだから、いつ何をしようと勝手なはずなのに。

 

そして、今日。

ジムのそばの行きつけのカフェで8月末までビールフェアをやっており、レギュラーサイズ、ラージサイズともに通常価格の200円引きで楽しめる。

今日が、ビールフェアの最終日。

しかし、水曜日はたいてい、夕方、トレーニングの合間にそのお店で軽く食事をすることにしており、ビールを飲むことは出来ない。

 

そんな話を昨夜だんなにしたところ、「じゃあ、明日の昼間に行けば?」と言われた。

であれば、と、今日のお昼過ぎにビールを飲みにそのお店を訪れた。

 

そのお店があるのは、オフィスビルの中。

日中は、おのずと、お客さんは近隣の会社に勤めている人が多くなる。

昼間から、ビールを飲んでいる人は皆無だ。

しかし、今日がビールフェアの最終日で、せっかく来たのだから、と思い、当初の予定通り、ビールをオーダーした。

f:id:ichigo1213:20160831144451j:plain

 

平日の昼間から、カフェでおばさんが一人ビールを飲む姿は、奇異に映ると思う。

ビールはおいしかったが、人目を気にしてしまい、心の底から楽しめなかった。

 

昨日の朝寝にしても、今日の昼間からビールにしても、働いてないからこそ出来る自由だ。

以前勤め人だった頃には憧れていたシチュエーションだと思うのだが、実行に移してみると、何故か罪悪感を感じてしまう。

 

会社に行かなくなってもう8ヶ月も経つというのに、自由を心の底から謳歌するということが未だに出来ていない。

人の目など気にせず、やりたいことを自由にやれたらいいのにな、と思う今日この頃。

 

ご訪問ありがとうございました。最後にポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ