読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーリーリタイアを目指すブログ。

50歳になるのを機にまずは早期退職を目指します。

人間ドック受診

昨日の午前中、人間ドックを受診した。

昨年末に退社した会社の健康保険組合経由で予約を入れた。

胸部レントゲン、腹部エコー、胃のバリウム検査、血液検査等基本の検査項目に加え、肺のCTもやった。

全額健康保険組合負担。

今年度は健康保険組合に58万円近く払って任意継続しているので、利用出来るものは利用しないと。

 

f:id:ichigo1213:20161130233206j:plain

 

前社に入社してから、ずっと同じクリニックで人間ドックを受けて来た。

今回で8回目になると思う。

当初このクリニックに決めた理由は自宅から比較的近いからだったが、ずっと継続して受診している理由は、ずばり人間ドック後のイタリアンレストランでのランチがおいしいからだ。

 

ichigo1213.hatenadiary.com

 

もし人間ドック後のランチがおいしくなければ、恐らく、違う病院に変えていただろうと思う。

その理由は、採血があまりにも下手だからだ。

 

私は、乳がんを手術しているため、術側の右腕に注射をすることが出来ない。

そのため、採血は左腕で行うことになるのだが、私の左腕には注射針を刺すのにちょうどいい血管がないらしいのだ。

 

毎回、座った状態で、左腕をきつく縛られ、血管が浮き出るのを待つ。

看護師さんが腕を何度もさすっても、いい血管は現れない。

その後は、ベッドに寝かされた状態で看護師さんが採血を試みるが、普通の注射器では難しいらしく、最後は、別の看護師さん(注射がうまい人?)がやって来て、通常よりも細い針の注射器で時間をかけて採血することになる。

 

今年の採血は最悪だった。

看護師さんが比較的年齢がいった人だったので、熟練さんなのではないかと期待した。

ベッドに寝かされるまでは例年通りだったが、普通の注射器でグイグイと深く刺して来て、左腕に激痛が走った。

結局、その看護師さんには手に負えなかったようで、別の看護師さんを呼びに行ったが、登場した看護師さんが、「血だらけ!」と声を上げた。

え?と思い、看護師さんの視線の先を見たところ、血液を入れる容器が数本乗ったトレイが血だらけになっていた。

容器のうち2本は満タンになっていたようなので、検査に利用するだろうと思ったのだが、結局、全部採血し直しになってしまった。

無駄に注射器を刺され、痛い思いをし、血も余計に取られたので、非常に気分悪かった。

 

乳がんの定期検診で毎年採血をするが、いつもの病院でこのようなトラブルが起こったことは一度もない。

いつも、座った状態で、やり直すことなしに、採血してもらっている。

なのに、何故、このクリニックでは毎回ダメなのだろう?

看護師さんの注射の技術の差?

それとも、使っている注射器の品質の差なのだろうか?

 

今回の採血はあまりにもひどかったので、人間ドック終了後のアンケートに、「採血が下手過ぎる」とはっきりと書かせてもらった。

しかし、よくよく考えてみれば、毎年採血でトラブっているのであれば、私の方から、事前に、「寝た状態で、細い注射針でお願いします」と言うべきだったのだろう。

 

来年度から、だんなの会社の健康保険組合の扶養に入ることになるが、配偶者も毎年人間ドックが無料で受診することが出来、このクリニックも対象となっている。

来年こそ、自分から、「寝た状態で、細い注射針でお願いします」と、声がけすることを忘れないようにしようと思う。

 

人間ドックの結果は、2~3週間以内に郵送され来る。

昨日は、最後に医師との面談があったが、血液検査も含め、その時点で結果がわかっている項目に関しては、血圧が低く(下が58、上が96)、善玉コレステロール値が異常に高かった以外は、特に異常なしとのことだった。

現在現在皮膚科と整形外科に掛かっているが、内科に関して言えば、まぁ大丈夫だろうと思う。

 

ご訪問ありがとうございました。最後にポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ