読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーリーリタイアを目指すブログ。

50歳になるのを機にまずは早期退職を目指します。

散々だった年末年始

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

今年もマイペースのブログ更新になると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

年末年始は、私の両親が定年後移住した静岡県の伊東で迎えた。

穏やかな気持ちで年末年始を迎えるつもりが、いくつか波乱があった。

 

波乱その1は、大晦日に、伊東へ向かう時。

東京駅からスーパービュー踊り子号で行く予定で指定席を予約していたのだが、私達が乗車する直前に東海道線で人身事故が発生し、発車が大幅に遅れることになってしまった。

1時間半ぐらい待たされることになりそうだったので、特急電車を諦め、伊東まで延々と各駅停車で行くことになってしまった。

特急を使えば、東京から伊東まで1時間40分かからないところ、この日の所要時間3時間弱。。

伊東駅に到着した後、みどりの窓口で特急料金を返金してもらえたのが、せめてもの救いだった。

 

波乱その2は、だんな。

正月2日、母親が料理で忙しくしている真っ最中に、「食べたくない」と一言。

この一言に母親が激怒。

家の中の空気がしばらく凍り付いてしまった。

 

毎回、私達が伊東の家を訪れるたび、母親は手の込んだ料理でもてなしてくれる。

しかし、そのせいで、毎回、母親はクタクタになってしまう。

娘(=私)が料理が出来れば、少しは手伝えるのだろうが、残念ながら、料理はからきしダメだ。

今回、私達がお邪魔する前も、母親は「今回は、大したもの作らないから」と電話で話していたのだが、実際には、いつも通り、手抜きのない、おいしい料理を作ってくれていた。

 

ただ、お料理のボリュームがハンパない。

私もだんなも常日頃から体重を気にしているランナーなので、ここまでお料理を作ってもらっても・・・という気持ちは確かにある。

だんなの真意としては、「食べたくない」ではなく、「たくさん食べたくない」だったのだろう。

悪気があって発した言葉ではなく、要は、言葉足らずだったのだ。

 

それにしても、だ。

一生懸命料理を作ってくれている傍らで、「食べたくない」はないだろう。

母親が気を悪くして当然だと思う。

だんなは小さな声で「ごめんなさい」と謝ったが、母親の怒りはなかなか鎮まらなかった。

 

私達は、晩御飯をごちそうになった後、伊東を後にした。

別れ際、母親が「また来てね」と大人の対応をしてくれたので、ホッとした。

 

「口は禍のもと」

だんなの失言から学んだことである。

反面教師で、今年は、よく考えてからものを言うことにしようと思う。

 

 

波乱その3は、正月3日に、愛用していた電動歯ブラシが故障してしまったこと。

一昨年の年に会社を辞めた際、送別の品としてもらったものだ。

ichigo1213.hatenablog.com

 

歯磨きをするのが大好きな私は、1回につき、2分間の通常モードを4回繰り返す。

使い始めてまだ1年ちょっとしか経っていないのに故障してしまったのは、通常の4倍酷使していたからだろうか。。

 

その日のうちに、楽天で、もう少し上のスペックのものを購入。

早くも注文した翌日に届いたので、早速使っている。

 

 

やや波乱の幕開けとなった2017年だが、3日に、神社へ初詣に行った際、おみくじをひいたところ・・・

 
f:id:ichigo1213:20170105131405j:image

大吉!

 

しかし・・・

  • 願事 出来兼ねるように危惧を覚えるが後調う
  • 待人 さわりあり 来らず
  • 失物 出がたし 下にあり
  • 商売 買うのは損控えよ
  • 争事 時を待ねば勝てず

・・・と言った感じで、いい結果は一筋縄では得られないみたいだ。

 

初めは心配事があり迷うことがあっても、結局はいい方向に向かう。

おみくじに書かれてあるような2017年にしたいものである。

 

ご訪問ありがとうございました。最後にポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ