読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーリーリタイアを目指すブログ。

50歳になるのを機にまずは早期退職を目指します。

婦人科定期検診

体調 婦人科

午前中、婦人科の定期検診のため、病院へ行って来た。

昨年8月に定期検診を受けた際、子宮体がんの恐れがあるとのことで、翌9月に生検を受けた。

ichigo1213.hatenablog.com

 

検査の結果、子宮体がんではないことが確認されたが、その生検が恐ろしく痛く、苦痛だったため、今日は病院に行くのが本当に気が重かった。

 

診察室に入ると、先生から「体調はいかがですか?」と訊かれた。

先月乳がんの定期検診を受けたが、腫瘍マーカーも低く、血液検査の数値も全てにおいて良好だった旨、お話しした。

「とても健康だ」ということを強調したかった。

続いて、先生からは、前回と同じ検査をする旨お話があった。

同じ検査=生検という理解で間違いないかどうかを確認したかったのだか、とっさに生検という言葉が出て来ず、「ざくっと切る検査」と言ってしまい、先生から失笑を買った。

しかし、その場で、前回の「ざくっと切る検査」があまりにも苦痛だったこと、検査の後1週間近く出血が続いたことをお伝えした。

はっきりとは言わなかったが、「出来ればやりたくない」という態度を前面に押し出したつもりだ。

 

その後、診察室の隣の部屋で検査を受けた。

f:id:ichigo1213:20170303123450j:plain

まずは、エコーの検査。

そこで、先生から、「前回とほとんど変わりがないので、今日は細胞診だけにしておきましょう」というお話があった。

それを聞いて、本当にホッとした。

細胞診もかなり痛いが、生検よりはマシだ。

 

細胞診の結果は、2週間後。

細胞診で異常が見付かったら、結局生検をすることになってしまうのだろうか?

子宮内膜が分厚くなっているという軽微な異常があるのはわかっているが、それ以上の重大な異常が見付からないことを願うばかりだ。

 

ご訪問ありがとうございました。最後にポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ