読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーリーリタイアを目指すブログ。

50歳になるのを機にまずは早期退職を目指します。

住民税第4期納付とSMAPファンクラブ会費返還

退職後の生活

 

午前中、郵便局へ。

住民税第4期の納付期限が明日なので、納付手続きを行った。

第4期は411,000円の支払い。
f:id:ichigo1213:20170130102005j:image

第1期に411,800円、第2期・第3期・第4期にそれぞれ411,000円支払ったので、計1,644,800円を支払った。

 

ichigo1213.hatenablog.com

  

ichigo1213.hatenablog.com

 

ichigo1213.hatenablog.com

 

無収入なので、これだけの出費は、本当に痛い。。

しかし、これで、巨額の税金支払いからは解放されたと思うので、ホッとしている。

 

住民税の納付と同時に、今日はSMAPファンクラブ会費の返金手続きも行った。


f:id:ichigo1213:20170130102013j:image


f:id:ichigo1213:20170130102509j:image

3,660円を返還してもらったが、どこにも具体的な計算根拠が示されていない。

 

SMAPファンクラブの年会費は4,000円で、私の場合は毎年6月に会費を支払っていた。

4,000円を月割りすると、一月分333円。

7月分を差し引いて、3660円ということのようだ。

 

しかし、気になるのは、1円単位は「切り捨て」ということ。

私の場合は7円が切り捨てられたが、塵も積もれば・・・で、「切り捨て」から得られるジャニーズ事務所の利益は相当な金額になるのではないか?

 

↓のサイトによると、SMAPのファンクラブの会員番号は、2016年12月現在で、102万台に達するという。

matome.naver.jp

 

あくまでも入会順の通し番号なので、102万人全員が今現在も会員のままでいるとは考え難いが、仮にSMAPのファンクラブ会員が50万人いるとすると、ジャニーズ事務所サイドが手にする「切り捨て」は何百万円にも達することになる。

あまりにも、どんぶり勘定というか、何と言うか。。

ファンクラブ会費返還にかこつけて、事務所が不当に利益を得ているような気がしてしまうのは、私だけだろうか?

 

ご訪問ありがとうございました。最後にポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ